アバド&マーラー&シカゴ響2017年02月21日

アバドのマーラーは、シカゴ響・ウィーンフィル時期のもの、それにベルリンフィルが加わったもの、そして近年のルツェルン祝祭管…。

ルツェルン祝祭管のものはまだ聞いたことがありませんが、個人的にはシカゴ響・ウィーンフィルのマーラーには思い入れがあります。当然演奏にもですが、特にこのシリーズのジャケットにはとても魅かれていました。
廉価版CDは発売されていますが、それではちょっと物足りないのです~(^^)
Abbado
今回は、とってもお高いのですが、シングルレイヤーSHM-SACD盤を思わずポチッと購入してしまいました。
\4,644(税込)なので、かなり無駄遣いなのですが、ポイントなど使って購入価格を若干抑えました。

でも、ついでにこんなのも買ってしまいましたので、結局出費がかさんでしまいました~(^^ゞ
ESSO-10002
エフゲニー・ザラフィアンツ「ESOTERIC 30th Anniversary BEETHOVEN & CHOPIN」 \3,394(税込)

あ~~、いかんいかん、亀のように堅く堅く……(-.-)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://audio.asablo.jp/blog/2017/02/21/8371280/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。