CROSS POINT XP-SBD2016年09月10日

9月初めに、このような試聴アクセサリーが届いていました。
CROSS POINT XP-SBD1
これは、写真のようなサイズ感で、厚さ2mmのCFRPボードです。機器の下のラック棚板に潜り込ませて使用するのが最も効果があるということです。オーディオ機器の天板に載せても同様の効果を発揮するらしい。
現在、SACD/K-01とPreAmp/KX-Rには、Black Ravioliを使用していて、機器の下には潜り込ませることはできない状況です。最適セッティングになったBlack Ravioliを動かすのも嫌だったし、仕事も忙しくて面倒だったこともあって、とりあえず下に差し込み可能なBlu-rayレコーダーに潜り込ませておきました。毎日仕事から帰宅して、スクリーンでテレビや録画番組を見るのが習慣になっていますが、確かに映像が見やすくなり、質感も向上したような…、といった感じでした。

さて、仕事も一段落ついた今日、K-01とKX-Rの天板に載せて、本格モードの音量で試聴してみました。
お~! K-01、KX-R、どちらに載せても、その効果を確かに認めました(^^♪

K-01の方は、はっきりとSNが向上して、弦楽器がほぐれたりして、かなり聴き込ませます。
繊細さや濃厚さの点で、ちょいと物足りなさを感じるときがあるMORDAUNT-SHORT/Performance6でも、こんなに質感の高い再生ができるんだ~(^^)

KX-Rの方は、性能的にも効果がありますが、各楽器の鳴り方や質感がとっても魅力的になりました。
CROSS POINT XP-SBD2
XP-SBDの裏面は、写真のようなザグリが入っています。
でも、天板に載せるときは、ザグリは下にしてくださいとのことです。

K-01とKX-Rにそれぞれ載せた結果、私の環境ではSACD/K-01のほうを採用します。
でも、2枚使用したときの効果も知りたいような…。

CROSS POINT BNC2016年07月11日

今回で3回目でしょうか。CROSS POINT社から、またまたリベンジケーブルが送られてきました。BNCクロック用ケーブルです。昨日、ツーリングから帰ると、届いていました。でも、昨日はツーリング疲れで聞けませんでした。

CROSS POINTのBNCは、当初からその実力は認めていて、現有のESOTERIC 7N-DA6100II MEXCEL BNCと甲乙つけがたいレベルではありましたが、マスタークロックG-02とSACDプレーヤーK-01というESOTERIC機器同士では、ESOTERIC BNCに一日の長があると判断して、お返ししてきました。ただ、ESOTERIC以外の機器間だったら、超えていたかもしれません。
cross point bnc
相変わらず、ケーブルは硬くて曲げに関しては頑固です。まあそれは了解済みですが、オーディオ機器の後ろに余裕がないので、ケーブルが後壁に接触しないように成形するのに一苦労します。

さて、つないでクロックが安定するまでしばらく聞いてみました。一聴してノイズ感がぐんと減ったことが分かります。それは当初のものから分かっていたCROSS POINTの長所です。前回も性能的にはある意味ESOTERICを超えていました。ただ、肝心なのは、性能的に少々劣る部分があっても、音楽全体のバランスの良い聞き応えです。

お~、今回のケーブルはかなりすごいです。
性能的には以前から超えていたのですが、今回感心したのは、性能を向上させながら音楽を聞いた時の充足感まで
叶えようとしていたことです。ESOTERIC購入前だったらこちらを選択したと思います。

ケーブルは奥深いですね。特にデジタルケーブルなんて、デジタル信号、クロック信号を極めて正確に伝送できればそれでよしと思っていたのですが、アナログケーブルと同様、その差はかなりあります。

CROSS POINT XP-RAPC…その後2016年06月04日

CROSS POINT XP-RAPCをEsoterric/K-01の左右RCA端子に装着して、その効果に驚きました。
昨日今日とかなり馴染んできて、素晴らしい鳴り方になっています。暗い写真で申し訳ありませんm(__)m
CROSS POINT XP-RAPC2
K-01に1個取り付けたときが、一番効果が分かりましたが、やっぱり2個使用したほうがさらによくなりますね。
プリアンプAyre/KX-Rよりも、K-01の方がはるかに効果がありました。すでにこの2個の購入意志を伝えました。

オーディオ製品は、いかに内外ノイズに晒されているかがよく分かりますね~。
これは機器が新しいものほど顕著に差が出るのではないかと予想します。

あと、現在Panasonicの安価ブルーレイ/DVDレコーダーの音声は、TOS光でK-01のDACに送っているのですが、TVやブルーレイ/DVDの音声もとてもよくなったことも嬉しいことです。
system
相も変わらずのシステムです(^^ゞ

現在、Esoteric/K-01はK-01Xへ、Ayre/KX-RはKX-R Twentyへと進化しています。資金的余裕がないので、アップグレードできないままですが、今回CROSS POINT XP-RAPCの導入によって、そんなことを忘れるぐらいの向上を果たしました(^.^)

CROSS POINT XP-RAPCとは…??2016年06月02日

CROSS POINT社から妙なものが送られてきました。妙なものといっても、現物を見ればどのように使用するかは分かります。単なるRCAジャックの保護キャップです。
CROSS POINT XP-RAPC
これは、過去に購入したヒューズ金属部の毛羽立った感じと同じようなメッキがなされているようです。そして、これはCROSS POINT社としては、けっこうな自信作らしいのです。
しかし…、送っていただいたのはありがたい限りですが、今現在のオーディオ体たらくの私に、その良否がちゃんと判別できるかどうか…、甚だ怪しいと思いますよ~(^^ゞ

今のシステムでは、RCA端子だと、SACDプレーヤーESOTERIC/K-01か、プリアンプAyre/KX-Rですね。
ただ、今回送られてきた個数は2個のみ。う~ん、どの端子に装着すると、最も効果的なのでしょうか…。
CROSS POINTによると、アナログ入出力、デジタル入出力、どこでもどうぞ、とのこと。ますます不思議な代物です。
「K-01のほうが効果が分かりやすいかも。機器に1個だけでもOK(^^)」とのアドバイスがありましたので、まずはK-01のRCA出力端子に使ってみます。

試聴CDは、いつものマイリファレンスCD、ゲルギエフ/チャイコフスキー「くるみ割り人形(全曲)」初期輸入盤
the nutcracker

まず久しぶりに本気リファレンスCDをしばらくかけてウォーミングアップです。ああ~、やっぱり以前とは劣る。
先日の愕然としたひどい鳴り方よりはかなりましになりましたが、まだ静寂感、抜け感、爽快感がもう少しだな~。
最上の鳴り方ではありませんが、とりあえずXP-RAPCをK-01のRCA出力端子に1個装着してみました。
XP-RAPC

おお~、これは! かなりいいんじゃないの~(^.^)
部分的な向上ではなく、全体的鳴り方すべてがブラッシュアップします。私の現状では特にSNが向上して、情報量が爽快な抜け感とともにアップします。一聴してすぐに分かる向上ぶりです。
ああ~、やばい! これは返却したくなくなってしまうぞ…。あ~、こんな感覚は久しぶりです~(^^ゞ

SACDに1個装着しただけで、この向上ぶりです。あと1個をKX-Rに装着しましたが、これは一長一短かな~。
そこで、K-01のRCA出力に追加したところ、さらに静寂感がグッと増してきました。ただ、やや開放感が減退した感じもあります。う~んかなり惜しい。そこで、いろいろ試行錯誤したあげく、RCA端子に少しゆるめに装着したところ、これが当たりでした。これは俄然楽しみになってきました。

あ~、でも~、オーディオとバイクの両立…、う~ん、予算的ハードルがますます高くなったようです…(^^;

これはいい!2016年01月20日

ようやく試聴できました。CROSS POINT HLP-SIN Flare Limited
この土日は、親戚の不幸があったり、子どもたちのスキー行きたい要求に応えたりで結局試聴できませんでした。

今までのEau Rougeでも特にマイナス要素は感じていませんでしたから、CROSS POINTのFlareレベルのスパイクが、どこまでEau Rougeを全面的に塗り替えてくれるか楽しみでした。
CROSS POINT HLP-SIN Flare Limited'

CROSS POINT HLP-SIN Flare Limitedをセッティングして、今まで毎日、TV放送や録画などを控えめの音量で試聴していて、おっ、これはちょっと違うかもと、その片鱗は感じていましたが、今日改めて通常音量でリファレンスCDを聞いてみました。

まず、再生すべての音がすごく色濃く、生っぽくなる。そして、空間がグンと濃密になり、すべて埋まる。
ああ~、これを聞いてしまうと、Eau Rougeではまだ乾燥した感じの部分もあったのだなと改めて気付かされました。

ただ、Eau Rougeはやや軽めながらも、独特のサクサクした感じの中高域の気持ちよさもあって、これはこれで好みの鳴り方なのです。

う~ん、難しい。
CROSS POINTを導入して好みに持っていけば、更なる高みに到達するでしょう…。しかし…、
資金さえあれば…、というところでしょうか…(^^ゞ

久しぶりにオーディオなど…2016年01月15日

とうとう雪が積もってしまいました。早朝から除雪車が走り、いつもの冬の到来のようです。
これが根雪になれば、あとは降っただけ積雪が増えていきます(-_-)

バイクも車庫でセンタースタンドを立てて格納状態です。その代わりに、車庫に保管していた家族全員分のスキーセットを出しました。

バイクはもう乗れないから…、というわけではありませんが、久しぶりにディープなオーディオ活動を再開しました。
というか、これまでもオーディオをやめていたわけではありません。特に昨年末には、オーディオに関心を持つ楽器演奏に携わる方を自宅にお招きして、6時間余りオーディオ聞きっぱなし、なんていう楽しい会もありました。
次回は、お酒入りの会にしようなどと密約を交わしています(^^ゞ

さて、今回はスパイクコーンCROSS POINT HLP-SIN Flare Limitedの試聴です。
CROSS POINT HLP-SIN Flare Limited
CROSS POINTのカタログには、スパイクコーンはXP-SIN(56,500円/個)しかありません。
この製品は、CROSS POINTの主宰が、とにかく商売抜きで、どうしても究極のものを具現化して聴いてみたくて作ったという限定バージョンです。今までも、このように純粋な情熱に突き動かされて製作されたものは、その価格を忘れさせるほどの製品ばかりでした。
これを、是非Ayre MX-Rに試してみたいと思い、試聴希望しました。

現在MX-Rには、スパイクコーンEau Rouge ER-SX+スパイク受けCROSS POINT XP-SB Flareを各アンプ4点支持(+ガタ取りシートXP-SHT各1枚)で使用しています。
今は、スパイクと受けが異なるメーカーの組み合わせなので、CROSS POINの「Flare」レベル同士の組み合わせなら、その効果がより相互作用的に表れて、かなり期待できるかもと思っての試聴です。

ただ、大いに期待する半面、期待通りの満足な結果だと、本当に困ってしまいます。
何たって、商売抜きで作ったものですから、8個導入ともなると、その価格は…(^^;

今は、設置直後なので、じっくり聞くのはこの週末にでも(^^)/

CROSS POINT XP-PC マイナーチェンジ2015年10月26日

以前購入した、CROSS POINT XP-PC電源プラグカバーがマイナーチェンジしたという。
XP-PC
でも、そのマイナーチェンジというのが、小さな止めネジだけということなのです。
早速、聞いてみてということで送られてきました。早速送られてくるときは、かなり自信があるときです。
ということで、ネジ部分だけを交換してみました。

交換直後からでも、すぐに向上具合を実感できました。
表現は難しいのですが、まず、「メリハリ」の「ハリ」方向に鳴り方が前向きに元気になります。
元気といっても単に勢いの良さだけではありません。正直、すべてにおいて向上しています。
ネジは米粒大なので、こんなものでそれほどの向上が得られるとは、全く驚きでした。

これはもういただきですね。向上具合ははっきりと確認できて、欠点や副作用などは全くありませんから。
あと、これは電源プラグに対してうまく接地させないといけないと思います。つまり、締め付け具合を微調整すると絶妙の音になると思います。

私は、CD/SACDとプリに使用していますが、これはかなり効きますよ~(^.^)

CROSS POINT BNC…再び2015年07月29日

ちょっと前に試聴してとても感動した、CROSS PIONTの最高級BNCケーブルを再度聞いてみたいと思いました。
これは、新規導入したAccordoでも聞いてみたいと思ったからです。

今年の2月に「クロック用BNCケーブル…相似形」という記事で、このような写真で紹介しましたね(^^)
機器と後壁にあまり余裕がないので、ケーブルをこのように造形する必要があるのです…。
BNC

そのとき、性能的にも音質的にも「ESOTERIC 7N-DA6100II MEXCEL BNC」を超えてしまっているという評価でした。今回Accordoで試してみて、どのような鳴り方になるか楽しみです。

さて結果的に、今回の試聴でも素晴らしいものでした。性能的にはもちろんのこと、ESOTERICの中低域の安定感と堂々とした感じと、JORMAの弦楽器の爽やかさと抜けの良さが高い次元で両立したような、まさしくいいとこ取りの再生です(^.^)

ブランドやリセールバリューなど考えずに、とにかくいい音を目指す向きには大変お薦めです。
しかし、今更ながら、クロック用のBNCケーブルでこのような顕著な違いがあるのは、とても不思議なことです…。

前田製管 MMW-1…到着2015年07月14日

ボード1セットの追加は、前田(まえた)製管MMW-1を選択しました。山形県から直送で、すごく迅速な到着でした(^.^)

Ayre MX-Rに使用するボードなので、もともとMX-Rに使用していたH.A.L.ⅠのZ-boardを購入しようかと思っていました。でも、MMW-1の方が安価でサイズ的にもOKだったので、これにしました。
Z-boardの鮮やかな赤いフェルトは大変魅力的で、物の価値からすれば、Z-boardを選択したほうがベストなのですが、今回は、Accordoの出費がかなりありましたので、少しでも出費を抑えようという選択です(^^ゞ

前田製管のMMW(Metal Matrix Works)ボードの印象は、ほぼ全てにおいて素晴らしいのですが、鳴り方は、やや引き締まる傾向に、音色は微妙に寒色系にシフトするかなという印象です。
セメントセラミックスと金属粉の複合材なので、その素材感は少しは出るでしょう。でも、その副作用は少ないです。
そして、その副作用を補って余りある性能なので、積極的に用いています。価格的にも、お買い得感あります。

その微妙な副作用が好みじゃなければ、機器をダイレクトに置かず、自分のお気に入りのインシュレーターグッズを介在させればいいのです。まあ、ダイレクトにセッティングして、それがベストなら理想的ですが、インシュレーターを介在させることは、ダイレクト載せの音を聞いてから後の判断となります。

MMW-1

今回、Ayre MX-Rのセッティングで再確認したことがあります。
MMW-1が届くまでは、P-boardにBlack Ravioliを用いていましたが、低域のどっしり感と中高域の美麗さがいい感じでした。MMW-1到着後は、Black RavioliはPerformance6に使う必要があるので、MX-Rには元通り、CROSS POINTのスパイクとスパイク受けでセッティングしました。当然、ガタ取りシートも併用です。

セッティング当初は、中低域のどっしり感が減退したような感じで、Black Ravioliのほうがいいのかも~と思いました。
でも、しばらく聞いているうちに、やっぱりCROSS POINTのほうが音域バランスが自然だなと判断しました。しかも音離れもいい。音色も自然な感じです。

今のセッティングは、前田製管&H.A.L.Ⅰのボードをベースにして、CROSS POINT、そしてBlack Ravioli、その他少々のアクセサリーで構築されています。

また、現在、ケーブルについては、ほとんどがCROSS POINT、一部ESOTERICとなっています。
お金に不自由がなければ、もっと違う選択肢もあるのでしょうが、普通のサラリーマンの精一杯の嗅覚を働かせて、このような状態に至っています(^^ゞ

今日はここまでですが、あとは、Performance6をP-board+Black Ravioliに載せてセッティングします。
久しぶりに、Performance6を鳴らしてみたいと思います(^^)


システム全景…久しぶりです(^.^)2015年05月30日

システム全景を掲載するのは久しぶりです。
システム全景は、SPを換えた時とか、システム全体の音の満足感が非常に高くなった時にしか掲載しません。
my system

今回、スピーカーケーブルCROSS POINT XP-SP ENを導入して約1週間。
今まで、ゆっくり聞ける時間をとれませんでしたが、やっと今日じっくりと聞くことができました。

その音の感想は…、これはこれは!とてもいい(^^)/
まるで私のSPの弱点を知っていたかのような鳴りっぷりです。

今までは、中域周辺がやや性能不足、というか、キャパシティ不足の感がありました。
低域と高域はけっこうな満足感が得られるのに、肝心の中域で台無しになる感じでした。
いや、ある音量まではとてもバランスよく素晴らしいのですが、フルオーケストラの大音量に達していくほど、馬脚を現してしまうような状態になってしまうのです。

これが、このSPの限界なのかもな~。やっぱり、もっとハイエンドのSPとか、伝統的SPじゃないとフルオーケストラのフォルティシモの満足感は無理なのかも…などと思っていました。

それが、このSPケーブルに換えてからは、まず、中域周辺の余裕感がかなりアップしました。
具体的には、まず全帯域がよりスムーズにつながりました。そして、中低域が分厚くなり、低域方向までどっしりとしました。何より中域がすごく色濃くなりました。しかも、中高域も鮮明に聞かせながら、すごく美麗な鳴り方なのです!

ああ、これでようやく日々帰宅して心癒される音になったと思います(^.^)