コンセント取り付けネジ…?2022/01/21

ネジ到着。金ピカのネジです。ちなみに、ネジ下のパソコン、昨夜届いたばかりです~(^^)/
SCREW_20220121
このネジは、コンセントボードとそのボードにコンセントを取り付けるネジです。

オーディオのコンセントはこの1系統のみ。ここから前段機器につながるトランスとアンプに電源を供給しています。
concentric_20220121
コンセントはCROSS POINT XP-PS AU SEです。コンセントボードやコンセントプレートで武装しています(^^)

さて、プレートを外すと…、今のネジも今回のネジと同じく金ピカです…
concentric_20220121a
何がどう違うのか…?などと思いつつ、いそいそとネジ交換。ついでに配線コードの取り付けネジも増し締め。
concentric_20220121b
はい、完了!
concentric_20220121
見た目、何ら変わりなし…(^^;)

さて、いつものリファレンスCDで聞き始めました…
お~、これはなかなかよい感じではないですか~ リファレンスCD「くるみ割り人形」の冒頭、中高域が自然でありながらも彫りが深くなった。聞きごたえあります。しかも、開放的で、生き生きとした鳴り方。その後のトラックをどんどん聞き進めると、中低域も弾力感と深みが増しています。長く聞けば聞くほどその効果が分かってくる感じ!
これは、どこかに偏った効果ではなく、全帯域まんべんなくいいとこ取りの効果を望めるものでは…(^^)/

あけましておめでとうございます(^^) 今年はハルサイから!2022/01/04

年をまたぎつつ、音楽ソフト断捨離の続行中です!
昨年末、アルファベット順での断捨離はいまいち効率が悪いな~と思っていました。そこで、今年は同曲で枚数の多いものに目星をつけて断捨離していくことにしました。

CD棚を見ると、ストラヴィンスキー「春の祭典」がけっこう多い…。断捨離対象がこんなにもありました(^-^;
harunosaiten_20220104
録音年順に、上から左順に…
・ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1964年2月
・サー・コリン・デイヴィス&コンセルトヘボウ管弦楽団 1976年11月
・リッカルド・ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団 1978年10月
・リッカルド・シャイー&クリーヴランド管弦楽団 1985年11月
・マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団 1996年9月
・ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー劇場(キーロフ歌劇場)管弦楽団 1999年7月
・マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団 2004年9月
・エサ=ペッカ・サロネン&ロサンジェルス・フィルハーモニック 2006年1月
・マリス・ヤンソンス&ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団 2006年11月
以上、9枚です。(他にもまだちょいとありますが、これはまだ「手放せないものリスト」に入っています)

さすがに全曲聞いて判断するのは困難です。時間的にもですが、どのCD・SACDも今までに十分精選されたものばかりですから、全曲聞こうものならそれこそ音楽鑑賞状態になって、断捨離などできません…
自分好みの各所を聞いて即断するのです( `ー´)ノ
room_2022.1.4
ストラヴィンスキー「春の祭典」の断捨離、目標は3枚です。
今はランダムに半分ほど聞いて、とりあえず1枚(つい最近買ったものですが…)の断捨離確定しました。
半分ほど聞いて1枚ですから、あと2枚も手放せるかどうか…(^^ゞ

という感じで、今年もよろしくお願いします(^^)

年の瀬にまた…(^^ゞ2021/12/31

毎年、年末が近づくと購買欲が高まる音楽ソフト。
年の瀬の今日、追加でまた届きました…(^^ゞ
cds_20211231
ここ何年かは、購入を数万に抑えていましたが、今年は久しぶりに10万超の購入となってしまいました。

これは、音楽ソフトの購買欲が高まったというより、今のオーディオの鳴り方がとても素晴らしくなったからかな。
興味が湧いた音源は、すぐ聞いてみたいと思ってしまうのです~(^-^;

田丸印房…京うふふスタンプ(^^)2021/12/28

田丸印房からのスタンプ、本日届きました!
tamaruinbou_kyoufufu_20211228
これがなかなか優れものでして…、まず絵柄がいい、しかもふきだしの台詞がとてもウィットに富んでいます…。
これは単なるおもしろスタンプ的なチープな代物ではありません! 田丸印房、何たって創業100年ですから(^^)v
実際に押印してみないとその真価は伝わらないかもしれません。しばらく使っていると、「印」というもの、その価値を再認識します。

世の中的には、押印を無くしていく流れみたいですが、書類(紙)が残る限り、本人確認(認証)ならサインよりよほど「印」のほうが安心確実だと思います。絵柄と氏名の組み合わせの印などいいのでは?そんなの欲しいです!
kyoufufu_20211228
今日届いたものを加えると、「京うふふスタンプ」は、これで約30個になりました~('ω')ノ
来年もこのスタンプで、日々の仕事に楽しみを足していきたいと思います!

年賀状…今年はハンコに挑戦!2021/12/26

毎年パソコン印刷で手早く済ませる年賀状ですが、今年はちょいと趣向を変えて、ハンコで作成してみました(^^)/
こんな感じでセッティング、インクを手早くまんべんなく付けて、慎重に位置決めして押印…、その繰り返しです。
nengajou_20211226
ハンコだと、乾くまでの時間が必要です。こんなふうに並べて乾かします。
nengajou_20211226a
こんな手間がかかる年賀状を作ろうと思ったのは、このお店のこんなハンコがきっかけです。
田丸印房/京うふふスタンプ
https://tamaru-online.com/pages/kyoufufu
https://www.instagram.com/tamaruinbou/

コロナ前、京都でこの面白いハンコを見つけて、手土産ぐらいの軽い気持ちで購入しましたが、これがかなりの優れものでした。何といっても彫りの技術がすごい!微細な線一本たりとも逃さず、くっきりと印字できます(^^♪

音楽ソフト断捨離…道半ば…(^^ゞ2021/12/22

音楽ソフト断捨離Part3を宣言してから約2週間・・・。けっこう減らしました。
2つのCDラックに、何とかみっちり収まるほどになりました(^^)
cd rack_20211222
大きいBOXものなどは、そもそも収まりませんので、断捨離対象外です。

一方、毎年恒例の年末のまとめ買い、今年も止まりませんでした…(^^ゞ
貯まったポイントやお得なクーポンを駆使してまとめ買いしましたが、それでも8万余りになってしまいました(^-^;
cd's_20211222
最近は、Blu-ray Discが多くなってきました。そして、音楽CDでも、SACDや高音質CDがほとんどなので、厳選して枚数を少なめに購入しても、すぐにこれくらいの金額になってしまうのです。

断捨離しながら大量購入するなど、とっても効率悪いことしてますよね~('ω')

初雪です(^^♪2021/12/18

11月の終わりごろから降るぞ降るぞと予報されていた雪ですが、一向に振る気配がありませんでした。
しかし、とうとう昨夜から雪が降り始めました。
そして、今朝。自宅玄関先より…。
hatsuyuki_20211218
15cmほど積もりました~(^^♪
まあ、これくらいなら大したことないですね。きれいな雪化粧ぐらいの感覚で見ていられます。
でも、バイクは今シーズンもうおあずけのようです…('_')

雪が積もると妙に嬉しがる下の娘、いつもはこたつでもぞもぞしているのに、いきなり雪だるまを作り始めました(^^)
ものの20分ほどで完成!しかもけっこう大きい…。雪だるまづくりの才能あり!?
yukidaruma_20211218
しかし…もう大学生になったんだしね~(^^ゞ

CROSS POINT XP-PSC EN/AU…2日目!2021/12/14

CROSS POINT XP-PSC EN/AU(通電なしのもの)、2本目を追加して、丸2日・・・。
1本目のとき、2日目に本領発揮、十分に開花したのですが、2本目は既に1日目でOK状態でしたから、今日は帰宅して聴くのが待ち遠しかったのです(^^)

今日は、主にマイリファレンスCDのNo.2を聞きます。自分の聴きどころは、2トラック、1楽章後半のアダージョ。
organ_20211122
このCDは、どんなシステムで聴いても、ゆったりと流麗な、とても聞き応えのある鳴り方をすると思います。
でも、実はそれだけではない濃やかなパッセージがたくさんあります。チェコフィルの名手たちの奏する音色が奥にたくさん隠れています。全体的には聞き映えしてそれだけで満足するCDですが、その奥に潜む各奏者の音色の違いまで聞こうとすると、それはとてもハードルが高いCDです。

ちなみに、マイリファレンスNo.1は、No.2とは全く対照的なCDです。
nutcracker_20211122
とても高音質録音で、全ての楽器を過剰なほど叩き出してくれる演奏です。まず、この厳しいCDを、全曲バランスよく楽しんで聞けること。No.1で主に性能とバランスをチェック。そして、No.2では主に音色の鳴らし分けを聞き込む。
この2枚のCDをクリアできれば、他のCDはほとんどOKとなります。

今回のCROSS POINT XP-PSCシリーズ導入では、この2枚のCDをクリアどころか、現有システムでは、過去最高の鳴り方になっています。もう既にリファレンスCDとして聴いていません。純粋に演奏を楽しんでいます(^^♪
そして、この鳴り方が、また新たな自分のリファレンスになります。オーディオは、この繰り返しですね(^^)

CROSS POINT XP-PSCシリーズ・・・もう止まりません(^^ゞ2021/12/12

2週間前に導入したCROSS POINTの電源ケーブル、XP-PSC EN/AU…。しばらくはAccuphase E-800に使用していましたが、他機器にもいろいろ試した結果、今は電源トランスESOTERIC PS-1500に落ち着いています。
CROSS POINT XP-PSC EN/AU
最上流のここに用いた時、システムトータルの鳴り方が最も自然で違和感ありませんでした。
PS-1500には、XP-PSC EN/AUよりも高価なケーブルを接続してあったのですが、あっさり交代となりました。

そうなると、Accuphase E-800には付属の純正ケーブルを使用せざるを得ません。Accuphaseの純正ケーブルも、とてもまともなもので、機器の能力を過不足なく発揮させてくれます。でも、しばらくXP-PSC EN/AUをつないでいた時の音が忘れられませんでした…。というわけで、XP-PSC EN/AUもう1本追加を決断しました!

本日届きました。ツヤピカの端子やネジがとても印象的です。早速、Accuphase E-800につないで通電開始です。
XP-PSC EN/AU
送られてきたものは、まさしく作り立てのほやほや、通電時間0秒のものだそうです。でも、前回のXP-PSC EN/AUも同様だったので、バーンインの進行具合はよく分かっています。さて、リファレンスCDで試聴開始です。
Accuphase E-800
30分でほぼ整った鳴り方になります。30分~1時間では、どんどんストレッチしながら、新たな鳴り方の発見の連続を味わえます。
マイリファレンスCDは、全曲で80分あまりなので、バーンインの変化を聴くにはちょうどいい長さなのです。
nutcracker_20211122
これでバーンインは終わり?いえいえ、これから一晩二晩とどんどん良くなります。このことは、経験済みです(^^)v

実は、もう1本・・・。XP-PSC EN/AU導入にあたって、一旦返却したXP-PSC EN/STも送ってもらいました。
今は、ESOTERIC K-01XDに使用しています。
my room_20211212
今後、XP-PSC EN/AUのバーンインが落ち着いたころ、EN/AUとEN/STを入れ替えるなどして、聴いてみたいと思っています。

今回は、何とXP-PSC EN/AUを2本、XP-PSC EN/STを1本、XP-PSCシリーズ計3本の導入となってしまいました!
しかし、一度XP-PSCシリーズを聞いてしまうと(特にXP-PSC EN/AU!)、もう止められませんでした~(^-^;
今の自分にしては、かなりの投資になります。衝動買いか?いえ決してそうではありません。
これほど思い切るのも、今回のケーブルは今までのものと比べて、とても頭抜けているからです(^^)

音楽ソフト断捨離…Part.32021/12/07

年末が近づくと、何故だか音楽ソフトを大量購入してしまう。悪い癖です…
以前よりはかなり抑えているのですが、今年も既に7万ほど購入してしまいました…(^^ゞ

音楽ソフトの断捨離は過去に2回遂行して、一時は2,000枚余りあったものが、今は1,000枚余りになりました。
できれば、この2つの棚に完全に収めたい。そのためには、あと200タイトルほどスリム化する必要があります。
soft_20211207
そこで、断捨離Part3を断行します!
これまでの断捨離でも、手放すのが惜しいソフトもばっさり切り捨てましたから、今後の断捨離はとっても困難が伴うと思います。でも、こうやって我が家の音楽ソフトは精選され続けてきたのです。

さて、とりあえず、作曲家のアルファベット順で断捨離計画を進めていきたいと思います。
まず、CD棚の「B」の作曲家から、Berlioz(ベルリオーズ)「幻想交響曲」
CD、SACD、DVD合わせて8枚もありました(^^ゞ
Berlioz_Symphonie fantastique_20211207
ここから何枚削れるか。目標は3枚削除ですが、最初から悩ましい…(^-^;